Exif情報とは?SNSのあなたの写真から個人情報がダダ漏れな件

デジタル写真にはExif情報と呼ばれる情報が付与されており、
誰でも簡単にその内容を確認できます。
このExif情報の中には、GPS情報、著作者名など個人情報が含まれていて、
SNSなどに写真をアップするとそこから個人情報がダダ漏れになることがあります。

スマホで写真を撮ったときにGPS情報などが付与された状態になると、
例えば自宅で撮った写真をそのままSNSに挙げると、GPS情報から
自宅住所を簡単に特定することができます。

著作者名などもExif情報に含まれることがあるので、
そこから本名が分かってしまうリスクもあります。

このようにデジタル写真には個人情報が満載になっているため、
撮影時はもちろんですがネットなどにアップするときには、
Exif情報を確認して個人情報に該当する部分は消去したほうがいいでしょう。

悪用されてしまうと犯罪に巻き込まれてしまうリスクもありますから、
何も対策をせずに簡単にSNSやネットに画像をアップするのは危険です。
芸能人なども簡単にSNSに画像を上げていますが、非常にリスクがあると言えるでしょう。

デジタル画像のExif情報はパソコンに画像を保存して、
右クリックしてプロパティを確認するだけで見ることができます。
消去するのも簡単なのでローカルで保管するもの以外は、確実に消去しましょう。

SNS時代だからこそ起こりえるリスクとして、知らなかったでは済まされない
問題として認識すべきと言えます。

家でインターネットを使うと住所がバレるの?

こんなことを耳にしたことはありませんか?
「IPアドレスから住所を割り出すことができるから、IPアドレスは知られちゃだめ」
これは全部ウソです。

IPアドレスはインターネット上の住所ではありますが、それを知られたからと言って
実際に住んでいる自宅住所を特定することなど不可能です。

IPアドレスを元にして使用しているアクセスポイントを逆引きすることは可能です、
そのため利用しているプロバイダや接続している都道府県レベルまでであれば、
知ることができます。
しかしそこから先の住所まで特定することはできません。

もしあなたがインターネットを使った犯罪を犯している場合、警察によって
捜査が行われれば、IPアドレスからプロバイダに情報開示が求められることで
住所を特定することはできますが、普通に利用しているだけではプロバイダは
情報を漏らすことはありませんので安心してください。

またインターネット上の悪質なサイトでは「貴方のIPアドレスを記録しました」
といったようなメッセージでお金を払うように要求されることがあります。
こういったサイトに書かれていることも全部ウソですので、気にしてはいけません。

ただ悪質なサイトを訪れることでウィルスなどに感染するリスクはありますので、
むやみやたらとそういったサイトの閲覧をしてはいけません。

ともかくIPアドレスから住所がばれるというのは都市伝説ですので、
本気にしてはいけません。