Windowsよりも革新的だった幻の国産OS「TRON」って知ってる?

OSとは「Operating System(オペレーティングシステム)」の省略で
パソコンならMicrosoft社の「Windows」とApple社の「Mac OS」が一般的に知られています。
スマホの場合はApple社の「iOS」とGoogle社の開発した「Android」です。
しかしWindowsよりも革新的だった幻の国産OS「TRON」についてはあまり存在を知られていません。

「TRON(トロン)」は1983年頃坂村健教授という方が提唱して開発された日本独自のOSです。
非常に先進的なOSで、あらゆる機器、施設、設備に内蔵されたコンピューターが
相互に連携動作する社会を想定して構築されたプロジェクトです。
今でいうユビキタスの元となるような考え方が1983年当時にあったということになります。

残念ながら1989年にアメリカからの強い政治的な圧力がかかり
多くのメーカーがTRONから手を引いたため、現在ではパソコンのOSと言えば
Microsoft社のWindowsが圧倒的なシェアを締めていますが
圧力がなければ世界中のパソコンに日本発のOS、TORNが採用されていたかもしれません。

とは言え、TRONは消えてしまったわけではありません。
組み込み型OSとして世界中で使われているのです。
たとえば小惑星探査機「はやぶさ」、H2Aロケットといった宇宙開発の場面。
身近なところではアクションカメラのGoPro、各社のプリンターや複合機。
自動車のカーナビやエアコンなどの各種制御装置。
更にスマホの画像処理やバイブレーター、ディスプレーなどを制御。
このように私達の身近な製品に組み込まれて使われています。
組み込み型OSとしてはシェアが60%を超えているという話もあり
私達の身近な電化製品の多くを制御しているのが実はTRONなのです。

アプリとソフトの違いって何?

アプリ、ソフトって耳にすることが多いと思いますが、
その違いについて気になったことはありませんか?

【スマホのアプリ】
【パソコンのソフト】
何が違うのでしょうか、見てみましょう。

結論から言ってしまうと「どちらも同じ」です。
アプリやソフトの正式名称は「アプリケーションソフト」です。
パソコンで使われてきたのは、上記の後ろの部分「ソフト」で
スマホやタブレットで使われるのが、上記の前の部分で「アプリ」です。

どうして呼び方が違うのか、それはタブレットが登場してきたときに
パソコンとの違いを明確にしたかったのか「アプリ」と呼ばれるようになりました。
そもそもの出所はわかりませんが、知らない間にアプリというのが
浸透していてみんな普通に使ってます。
スマホに関しても「アプリ」という言葉で会話しています。

パソコンを使っている人には「ソフト」も「アプリ」も両方通じますが、
スマホしか使わない人は「ソフト」という単語が通じない可能性があります。
意味するところは同じなのに普段使っているかどうかだけで、
意味が通じないことの代表格ともいえそうです。

そのうち「ソフトとか死語」みたいな感じで扱われる日が来るかもしれません。
正式名称の「アプリケーションソフト」とか言うと、もっと通じないでしょうし、
何とも変な感じですね。

通じないのが嫌で「アプリ」と言っていると、知らないうちにアプリが
当たり前になってしまうと思われます。