【通信料節約】Youtubeの音だけを再生してラジオみたいに聞く方法

Youtubeは動画と音声を両方再生するものと思っていませんか?
音声だけを聞くのが目的なのに、無駄に動画も再生してしまって
通信料を無駄に消費している人もいると思います。

音だけを再生したい場合は、動画をオフにすることができます。
方法はChromeの拡張機能である「Music Mode」を使う事です。
拡張機能のMusic Modeをインストールして、Youtubeにアクセスすると
音のみを再生するページに自動でリダイレクトされます。

無料で使える機能なので是非試してみて下さい。
ちなみに音声のみで再生した場合は、動画についている広告、リコメンド、
およびコメントも表示されないので非常にスッキリしています。

この拡張機能をオンにしておけば、Google検索からYoutubeを選ぶ場合も
自動で直接リダイレクトされるので便利ですよ。
ただ動画も併せてみたい場合は、拡張機能をオフにしましょう。

なお、音声のみを再生する場合は「次の曲」を自動再生する機能はないので注意です。
1曲終わるごとに次の曲は手動で選択しなければなりません。
ここだけが不便ではありますが、動画を再生しないことで通信料は激減し
節約できることは間違いありません。

手間を取るか、通信料を取るかという選択になりますが
毎月ギリギリで通信料をやりくりしている人にはオススメの機能です。
ちょっとした時間に音楽を聴きたいけれど、動画は不要という人も使ってみてください。

タブレットで2画面表示させる方法

Androidスマホを使っているときに、パソコンのように画面を分割して
2つのアプリを同時に利用できたらいいな、と思うことはありませんか?
メール画面を表示させたまま、メモ帳を開く。
LINE画面を表示させたまま、Youtubeで動画を見る。
いちいち画面を切り替えることなく、こうした作業ができると便利です。

実はAndroid7.0よりマルチウィンドウという機能が搭載されており
この機能を使うと画面を閉じずに2つのアプリを操作することが可能です。

使い方は簡単で、使用するアプリを2つバックグランドで起動させたら
マルチタスクボタンを長押しするだけです。
マルチタスクボタンはスマホによってことなりますがホーム画面の下部に表示されている
(◁・○・□)や(≡・□・◁)のいずれかに設定されています。
このボタンを長押しすることで画面を分割させて表示させることが可能です。

この機能は縦向きの時だけではなく、横向きにしても使用可能です。
使用するアプリに合わせて縦向きで利用しやすい、横向きが良いというのがあるので
使いにくい場合には向きを変えてみて下さい。

更にこの画面は50:50だけではなく、画面の分割する割合を自由に変更できます。
LINEをすぐにチェックしたいけれど、それほど大きく表示する必要がない
といった時には20:80というように調整することが可能です。

スマホの小さい画面が更に分割されるため、できる作業は限られていますが
動画再生を止めないままLINEの返信ができるなど
利用の仕方によっては非常に利便性があるので是非試してみましょう。