家にパソコンがない人が結構いてビックリ!時代は変わった。

令和の時代は家にパソコンのない人が結構いてビックリしました。
パソコンがないとどうやって調べ物をしているのか、と思ったのですが
スマホやタブレットがあればパソコンなど無くても不便しないようです。

ゲームもできるし、SNSで連絡も取れるからパソコンなんてなくても
全く問題ないということなのでしょうね。
中には自宅にインターネット回線を持っていない人もいたりするので、
スマホで全てこなしているということです。

時代は完全に変わりました。
パソコンの大きな画面でしかできない事はそんなにありません。
Excelを使って作業するとか、そういう事でもない限りはパソコンは不要で
スマホで全て代替できてしまう世の中なんですね。

確かにパソコンは場所も取るし、キーボードで入力しないといけないので
フリック入力じゃないのも使いにくいところでしょうか。

家にパソコンがなくても不自由しない世の中になってきたのは、
それはそれで時代の流れなのでしょう。
でも個人的にはパソコンがないと見れないサイトもあったりするし、
まだまだ必要なデバイスだと思ってます。

スマホ回線しかないとキャリア側でネットワーク障害が出た時に、
何もできなくなるしね。
それに充電切れたらスマホってただの板になってしまうし。
まあ、電気に関してはパソコンもそうだけどね。

パソコンを買わない代わりにスマホを買うと考えると、
スマホの値段が10万円超えしてたりするのも納得なのかなって思ってしまいますが、
10万円もあればそれなりのパソコンが買えるのになぁって思う気持ちもあります。

バルミューダのスマホ「BALMUDA Phone」がカッコ悪い、値段高いと散々な評価で終了のお知らせ

BALMUDAと言えば最も有名なのはトースターでしょう。
シンプルでスタイリッシュなデザインが評判の家電メーカーです。
炊飯器やケトル、電子レンジなどなど様々なものがありますが
どれもおしゃれでインテリアに馴染むのが大評判です。

そんなBALMUDAが満を持して出したのがスマホ「BALMUDA Phone」です。
一体なぜ……?
もう一通りの家電を出し尽くしたのでネタが尽きたのでしょうか。
それなら機能を充実させるとかサイズでバリエーションを出すとか
色を変えてみるとか、色々ありそうな気がするのですが……。

と思っていたら想像異常に爆死してますね。
否定的な意見が多いのも当然でしょう。

「BALMUDA Phone」のこだわりはサイズ感です。
丸みのある小さいスマホで、握り心地を追求しているそうです。
片手で操作しやすい小ささが特徴ですが
値段が高すぎます。
10万円以上するのに目立ってすぐれたスペックや機能はなし。

そもそもBALMUDAの魅力って他の家電にはないスタイリッシュさです。
その魅力が今回発売された「BALMUDA Phone」にはありません。
外でも使用することが多いスマホは他のメーカーもデザインにこだわっており
BALMUDAだからこその「おしゃれさ」がありません。
iPhoneもギャラクシーもおしゃれでスタイリッシュに作られているので
敢えてBALMUDAを購入する必要性がありません。

スマホは持ち歩くものなので、落下時の破損や汚れから守るためにカバーをする人も多いです。
背面が局面になっている「BALMUDA Phone」の場合、カバーを付けるのも難しいですし
カバーをあれこれ付け替えている人からすると、そういった楽しみがないのもマイナスです。