「うわっ!パソコン壊れた」PCが壊れそうなときに起こる前兆

パソコンが故障する部位の殆どがHDDにあります。
HDDが故障すると、データそのものが破壊されてしまう致命的な故障になりバックアップがないとHDD内のデータを復旧させることが困難になります。

パソコン故障によるデータ喪失を防ぐためには、定期的なバックアップを取っておくことが重要ですが、それ以外にも故障の前兆を掴むことも故障回避のためには必要不可欠です。
そこでバックアップを取ることは当然として、故障の前兆について見てみましょう。

以下のような故障前兆があれば、要注意だと思ってください。

・OSの機動に失敗するようになった
・ブルースクリーンが多発するようになった
・OS、アプリなどの起動が遅くなった
・時間に関係なく処理速度が極端に遅くなった
・ファイルコピー、移動でエラーが出るようになった
・ファイル保存でエラーが出るようになった
・高負荷となりフリーズするようになった
・いきなり電源が落ちることがある
・ガリガリ、カラカラ、カチカチなどの異音がする
・金属音がする
・ハードディスクが異常高温になる
・何もしていないのにHDDのアクセスランプが点灯しっぱなしになる
・OS、アプリ起動時に意味不明なエラーが出る

これらの前兆は今まさにHDDが故障する寸前だと言っているようなものです。この前兆を見逃さなければ、大切なデータを保護することができます。
前兆をとらえた場合は、即座にバックアップを取ってHDDの交換を検討しましょう。できるだけ早いほうが良いでしょう、HDD交換が自分では無理だという人はパソコンショップに持ち込むか、新規にパソコンを購入してデータを移しましょう。