CPUクーラーって効果あるの?

CPUはパソコンの心臓部とも言える装置で常に稼働しています。
そのため他の部品よりも熱を発しやすく放置していると高温になって、
オーバーヒートしてしまい故障の原因にもなります。
そこで一般的にはCPUから出る熱源をパソコンの外に排熱するための、
ファンが設置されています。
ファンは発生した熱を外に出すだけの役割しかないので、
CPUに負荷がかかりだすと排熱が追いつかずにどんどん温度は上がります。
そうなると熱暴走してしまうので、負荷の高い処理を行うような人は
パソコンにCPU用のクーラーを設置している人もいます。
中には水冷といって水を循環させて熱を取り除く装置もあります。
そこまでするのはゲーム用にパソコンを使っているような人になりますが、
CPUを冷やすためのクーラーはかなり効果があるとされています。
熱暴走してしまうと音も気になってきますし、何より作業しにくくなります。
CPUの負荷が高まるとちょっとした操作でも待ちが発生してしまい、
俗に言う「重い」状態になってしまうからです。
ネットとメールだけの利用者の場合はクーラーをつける必要はありませんが、
再生にそれなりの性能が必要な動画を頻繁に再生するような人は、
CPUクーラーについて考えてみてもいいでしょう。
少なくともファンはこまめに掃除するようにしてください。
これはネットだけしか見ない人も同じく掃除したほうがいいです。
掃除しないと埃が溜まってしまい、スムーズな排熱が出来なくなり
そんなにパソコンを使ってなくてもパソコンの内部温度が上がるようになり、
パソコンそのものの動作が不安定になってしまうからです。