ローマ字入力が勝手にひらがな入力になった!元に戻す方法

文字を入力しているとローマ字で入力していたはずが、ちょっとした操作で
ひらがな入力になった経験ってないですか?
これ、むちゃくちゃイライラしますよね、イライラしすぎてキーボードを
壊しそうになった経験があります。
そこでひらがな入力になった場合の対処法を解説します。
まず、タスクトレイにある言語バーでKANAの部分がクリックされた状態であれば、
それをクリックして解除します。
KANAをクリック出来ない場合はALT+ひらがなボタンをクリックして、
入力モードを切り替えましょう。
ひらがな入力になるのを止める方法もあります。
ALT+ひらがなボタンを何かの拍子に押してしまうと入力モードが切り替わりますので、
それが切り替わらないほうに以下の手順で設定します。
・ATOKパレットのメニューをクリックし、基本メニュー[プロパティ]を選択 
・入力・変換シートの[入力補助]を選択
・キー操作でのカナロックON/OFFを無効とするをクリック 
・OKをクリック
これでショートカットでの入力モード切替は行われなくなります。
ひらがな入力になると非常に不便ですし、戻す方法がわかりにくいので
イライラが最高潮になってしまいます。
どうしてこんなに不親切なのかと問い詰めたくなりますが、上記方法を覚えておけば
簡単に切り替えが出来るようになりますし、切り替えを停止することも出来ます。
ALTとひらがなボタンが隣同士になっているのも理解できませんが、
どちらにしてもやり方を覚えて対処するしかありません。