パソコンリカバリーするために

パソコンが万が一故障してしまったり、不調になって元に戻したい場合は
リカバリーを行うことであるポイントまで設定などを戻すことが出来ます。
パソコンが動いている状態であれば、復旧ポイントに戻すことはそれほど難しいことではありません。
リカバリーポイントを定期的に作成しておくだけで良いからです。
しかし、パソコンが起動しなくなったりした場合にはリカバリーディスクのような
メディアを使ってのリカバリーを行う必要があります。
メディアからのリカバリーも操作としては難しいことではありませんが、
問題はそのディスクを作成することです。
どのタイミングで作成すべきなのかは人によって異なってきますが、
少なくとも出荷時の状態に戻すことが出来るように購入してすぐにリカバリーディスクの
作成をしたほうがいいでしょう。
購入してすぐに動かなくなることは殆どありませんが、初期状態に戻すと言う意味でも
購入時に作成することをおススメします。
あとは、ある程度使いだした頃に作成することも大事です。
出荷時ではなく、ある特定の時期に戻すことが可能になるからです。
また、リカバリー出来るのは基本的にパソコンの設定のみになりますので、
画像や動画などの個人的なファイルについては別のHDDに保存しておいたり、
記憶用のディスクに保存するなどしてパソコンが動かなくなってもデータとして
失われないような工夫が必要です。
出来れば複数の媒体で保存しておくことをおススメします。
これはシステムのリカバリーディスクも同様です。