HTML形式のメールは無駄だらけ

メールは非常に便利なツールですから、コミュニケーションをとる上では
欠かすことが出来ないものであるといえるでしょう。
メールには大きく分けると2つの種類があります、「テキスト形式」と「HTML形式」です。
テキスト形式は非常にシンプルなもので、テキストをそのままメールとして
扱っているだけですが、HTML形式のメールにはWebサイトと同じように
文字の大きさや色、書体などを自由に変えることが出来たり、画像を貼り付けるなど
凝ったメールを送信することが出来るのです。
しかし、このHTMLメールというのは無駄にファイル容量を消費することになるので、
通常のメールでは使用しないほうがよいのです。
それはメールの送信者もそうですし受信する側としても
無駄にファイル容量を消費することになりますし表示にも時間が掛かるのです。
そのため、メールソフトの設定でテキスト形式でメールを送付するという
設定を行っておくことをオススメします。