パナソニックが待望の新モデル「レッツノートSR」を発売

パナソニックから個人店頭向け、法人向けのビジネスモバイルパソコン最新機種
「レッツノートSR」を2022年11月11日から発売しています。

コンセプトとしては自由な働き方を叶えることとしており、
頑丈、軽量、長時間駆動を兼ね揃え、モバイル性と高負荷作業を支える
高性能を搭載したコンパクトさを売りにしています。

・モバイル性
12.4型の液晶ディスプレイで本体はA4用紙より小さくコンパクトになっており、
持ち運びの負担を減らすために軽量化され約852グラムとなっている。

・デザイン
本体と一体感のあるベゼルになっており、ワークシーンになじむデザイン。
ホイールパッドは最大64mmでリーフ型キーボードを実装。
セキュリティサポートはAIセンサーによる新機能を搭載している。

・信頼性
耐重量として100kgfの頑丈さを維持し、スリム化した新ボンネット構造になっている。
また、ユーザ自信で交換可能な着脱式バッテリーに変更

価格はオープン価格となっており、年間生産台数は32万台を予定しているとのことです。
但し、レッツノートシリーズ全体としての生産台数なので、SRだけでみると
32万台よりは少なくなる見込みです。

パット見た感じはかなりスタイリッシュで使いやすそうな見た目をしています。
大きさもA4用紙よりも小さくなっているのに、12.4型のディスプレイにするなど
挑戦的なノートパソコンだと言えるでしょう。

気になるアイテムはTiktokで検索する若者が急増

気になるアイテムがあったら検索エンジンなどで検索するのが
普通だと思っていませんか?
もしくはTwitterで検索も方法としてはあるかと思います。

しかし最近の若者は気になるアイテムをTiktokで検索するようで、
かなりの人がTiktokを使って探し物をしているようです。

確かにGoogleなどで検索しても似たようなサイトばかりヒットして、
参考になる情報は偏っているようにも見えます。
Tiktokを使うことで、本物の意見が見えるという意味では
方向性としては正しいのかもしれません。

ただTiktokでどこまで詳細な情報が得られるのかは疑問です。

ハッシュタグで絞り込むことができるので、無駄がないのは
Twitterも同じですがTiktokでも使われているようです。

検索エンジンで殆んどはTiktokはヒットしませんので、
見ている世界が全く違うと言っても過言ではないでしょう。
もはやググれというのは調べものだけに使えるモノであって、
気になるアイテムの検索には使えなくなってきている証拠かもしれません。

そのあたりはGoogleも意識していると思いますので、元祖検索エンジンとして
どう対応していくのかは気になりますね。

TiktokもかなりメジャーなSNSになりましたが、今後も新しいSNSは
どんどん生まれてくるのでTiktokが隆盛を極めるのがいつごろなのか、
それに代わるSNSがどのようなものになるのかも注目です。