家でインターネットを使うと住所がバレるの?

こんなことを耳にしたことはありませんか?
「IPアドレスから住所を割り出すことができるから、IPアドレスは知られちゃだめ」
これは全部ウソです。

IPアドレスはインターネット上の住所ではありますが、それを知られたからと言って
実際に住んでいる自宅住所を特定することなど不可能です。

IPアドレスを元にして使用しているアクセスポイントを逆引きすることは可能です、
そのため利用しているプロバイダや接続している都道府県レベルまでであれば、
知ることができます。
しかしそこから先の住所まで特定することはできません。

もしあなたがインターネットを使った犯罪を犯している場合、警察によって
捜査が行われれば、IPアドレスからプロバイダに情報開示が求められることで
住所を特定することはできますが、普通に利用しているだけではプロバイダは
情報を漏らすことはありませんので安心してください。

またインターネット上の悪質なサイトでは「貴方のIPアドレスを記録しました」
といったようなメッセージでお金を払うように要求されることがあります。
こういったサイトに書かれていることも全部ウソですので、気にしてはいけません。

ただ悪質なサイトを訪れることでウィルスなどに感染するリスクはありますので、
むやみやたらとそういったサイトの閲覧をしてはいけません。

ともかくIPアドレスから住所がばれるというのは都市伝説ですので、
本気にしてはいけません。

パソコンのBIOSとは?

BIOSはパソコンの中に入っている重要なプログラムの一つです。
Basic Input Output Systemの略でバイオスと読みます。

ノートパソコンでもデスクトップパソコンでも必ず搭載されているプログラムで
OSの起動やPCと接続機器の間の入出力を制御する働きをしています。
パソコンの電源ボタンを押すと真っ先に読み込まれるプログラムです。

PCに詳しくない人の場合、名前を聞いたことはないかもしれませんが
青い背景に英語で表記される独特の画面は誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。
目にすれば「あ~これがBIOSかぁ」と思うはずです。

BIOSは通常、触る必要のない画面です。
不必要に触って設定を変更してしまうと様々な不具合が出てしまいますから
通常は設定を変更してはいけません。
特にパソコン初心者の方は特別な理由がない限り決して触ってはいけません。

BIOSに入るためには、電源を入れてOSが立ち上がるまでの間に
F2などのファンクションキーを押しましょう。
押すボタンはメーカーによって違いますが、OSを立ち上げたときに案内が表示されているはずです。

普段はつかうことのないBIOSですがPCの各パーツや機能に問題が生じていないか
検査する機能があるため、PCに不具合が起きたときに原因特定するのに役立ちます。
特にOSが起動しない場合にはBIOSに問題があることが少なくありません。
このときには初期化することでOSが起動するようになるケースもあります。