安いパソコンの動作をなるべく快適に保つ方法

3万円程度の安価なパソコンを購入した場合、パソコンの動作がかなり遅くイライラしてしまう可能性が高くなります。
安いパソコンだと、どうして動作が遅くなってしまうのか解決方法はないのか、そういったところを考察しますので参考にしてください。

■安いと低スペックになるため動作が遅い

安いパソコンには安い理由があります、それは低スペックということです。高スペックにしようとすれば、それだけ良い部品が必要になるので安いということは部品のレベルが低いということになります。
低スペックになれば、動作が遅くなるのは言うまでもありません。車で考えれば、軽自動車とベンツとでは、速さはもとより足回り、広さなどがまったく違うのと同じことです。

■起動するソフトを減らす

搭載しているメモリ上にプログラムを記憶させてソフトを動かしているので、メモリが圧迫されるとHDDをメモリ代わりに使おうとするため、読み込み速度が非常に遅くなってしまいます。

OS起動時にバックグラウンドで同時に起動するソフトを減らすことが第1です。そして余計なソフトが動いていない状態をできるだけ長く保つようにしましょう。起動してそのままにせず、使い終わったら終了させることです。

■デフラグして少しでも早くする

データが断片化してしまうと、読み込みに時間がかかるのでデフラグツールを使用して、断片化を解消してあげましょう。
普段良く使うソフトが少しでも早く動作するようになります。
ただし、体感できるほど早くなるかは断片化の状態にもよります。

■ウィルスに感染している

ウィルスに感染していると、バックグラウンドでウィルスがさまざまな動きをするのでメモリの消費が激しくなって動作が遅くなります。アンチウィルスソフトを導入して、駆除するようにしましょう。
また、感染を防ぐためにも不用意に知らない人からのメールを開いたり、海外サイトや普段訪れないサイトでクリックしたりするのはやめましょう。

パソコン内の個人情報を守る方法

パソコン内にはさまざまな個人情報が含まれており、流出してしまうと
銀行からお金が勝手に引き出されてしまう等のトラブルに巻き込まれることがあります。
そんな大事なパソコン内の個人情報ですが、流出しないようにするためには
自衛手段を講じるしかありません。

■WindowsUPDATEを適用する

OSがWindowsの場合は、必ずWindowsUPDATEを適用しましょう。
脆弱性をそのままにしていると、外部から悪意ある第三者に情報を抜き取られてしまいます。
場合によってはサイトにアクセスしただけで、スパイウェアをダウンロードさせる
といった攻撃を受けることもあります。

■ウィルスソフトを最新化する

メールなどからのウィルス侵入を出来る限り予防するために必要なのが、
ウィルスソフトの導入と最新化です。
導入するだけでなく、定期的に最新化しておく必要があります。

■暗号化する

ノートパソコンだけに限らずデスクトップにしても暗号化しておく必要があります。
万が一、外出先でノートパソコンを紛失しても暗号化されていれば、内部情報を
抜きだされるリスクが低くなるからです。

また紛失だけでなく盗難に遭った場合でも暗号化は個人情報を守るための
有効な対策と言えるでしょう。

■総評

このように外部からの侵入に備えることと、第三者によるパソコンそのものの
情報流出を防ぐ2方向からの対策が必要であることが分かります。
大事なのは自分は大丈夫だと過信しないことです、自分こそ危ないかもしれない
と思って対策することに意味があるのです。