パソコン使えなくても就職できる?

最近はパソコンが使えない人が増えています、その原因はスマホが普及したことで殆どのことがスマホでできるようになったからです。とは言っても、パソコンが使えないと就職するときにデメリットになるのでは?と考えている人も多いようです。

確かにパソコンが使えないと、IT関連企業はもちろんデスクワークがメインの企業への就職はかなり厳しいでしょう。
ただ全ての会社がパソコンを仕事に使っているわけではありませんから、パソコンが使えなくても就職することはできます。

それに何らかの報告書などの書類提出でパソコンを使うことがあったとしても、その程度のものであれば特段のスキルを必要としませんし、少し勉強すれば大半の人は問題ないレベルで書類の作成はできるでしょう。

パソコンが使えるに越したことはありませんし、そうあるべきだとは思いますが使えない=就職できないというわけではありません。覚悟しなければいけないのは、パソコンが使えないことで就職できる職種の幅が狭くなってしまうことです。

自分が就職したいと思っている職種があっても、その職種がパソコンスキル前提の場合はその段階で就職先から除外することになります。使えないのレベルにもよりますが、キーボードの使い方すらわからないレベルであれば多くの企業で仕事に支障が出る可能性がありますから、最低限は使えたほうが良いでしょう。
パソコンを使えなくても就職はできますが、あまりオススメはできません。

インターネットが急に遅くなった。原因と対策

インターネットを使用していて急に遅くなったと思うことはありませんか?その場合、いくつかの原因がありますので見てみましょう。

1.LANケーブルの故障、接続不良
LANケーブルはちょっとしたことで外れたり、ゆるんだりすることがあります。ルーターなどの接続部分をチェックしてみましょう。抜けかけていればしっかりと差し込んでください、あと長い間使っていると断線している可能性があるので買い換えも検討しましょう。

2.パソコン本体の故障
原因としては考えずらいですが、変な音がしたりエラーメッセージが何度も出てくる場合は本体側の故障が考えられます。
再起動してメーカーロゴが出た後から進まない場合は、HDDの故障が考えられます。

3.ウイルス感染
急激に速度が遅くなった場合、ウイルス感染の可能性が考えられます。パソコン全体の動作も鈍くなってくることもあるので、早急にパソコン全体をウイルスチェックしましょう。
その場合、ネットワークから外してチェックすることを忘れないでください。それと再起動はなるべく控えるようにしましょう。

4.通信量上限に達している
無線ルーターを使用してインターネットに接続している場合、
プランによっては通信量に上限があります。
上限に到達すると急速に速度が遅くなってしまいますので、チェックしましょう。頻繁に起こる場合は、使用状況とプランが合ってないことを意味しますので無制限プランへの変更も検討しましょう。