超使いにくいMicrosoft Edgeのシェアって何%?

使いにくいと言われ続けているMicrosoft Edgeですが、
2022年4月時点のシェアは10.07%で全体の2位になっています。
1位はChromeで66.64%と圧倒的な1位の座を確保しています。

2021年4月時点ではMicrosoft Edgeのシェアは7.96%とSafariに負けて、
3位となっていましたので少し躍進したと言えるでしょう。

その原因はWindows11がリリースされて強制的にMicrosoft Edgeを
使わされる環境が増えたことにあります。

また、Chromeと同じようにChroniumコードを採用したことによって、
以前のような使いにくさが多少は改善されています。

今後のシェア動向は、Chromeの1強時代がしばらくは続くでしょう。
そしてMicrosoft Edgeのシェアはわずかに上昇する程度ではないかと思います。
2位以下が団子状態なので、革新的なブラウザが登場すれば
簡単にシェアの入れ替えが起こってもおかしくありません。

Internet Explolerがサービス終了となったので、今までInternet Explolerを
使っていた企業がMicrosoft Edgeに移行するか、Chromeに移行するかでも
シェアは変動する可能性があります。

いずれにしても超が付くほど使いにくかったMicrosoft Edgeですが、
徐々にでも改善している姿勢はある程度評価できるでしょう。

あとはMicrosoft Edgeを使っていると検索サイトがデフォルトで
Bingになるのも使いにくさの一つとなっています。
このあたりは細工すればGoogleを使うことができますが、いちいち
強制的な事をさせるのはOSやブラウザを開発している企業の悪い癖だと思います。
それはChromeに関しても同じことが言えます。

「このまま使ってるとどうなるの?」Internet Explorerのサポートがついに完全終了

Internet Explorerのサポートが2022年6月に完全終了しました。
サポートが終了したので、今後はセキュリティパッチを含めてアップデートは
行われなくなります。
また、Internet Explorerに関する問い合わせをしても対応はしてもらえません。

では「このまま使っているとどうなるの?」でしょうか。
すぐに見れなくなるサイトが沢山でてくるわけではありませんが、
既に特定のサイトはInternet Explorerでは見れなくなっていますので、
しばらくすると見れなくなるサイトが増えていく事でしょう。

それから今はまだInternet Explorerを起動することができますが、
そのうちMicrosoftが起動さえもできなくするパッチを当ててくる可能性があります。
MicrosoftとしてはEdgeを使って欲しいと考えているので、いつまでも
Internet Explorerを使われるのは困るのです。

28年近くにわたって使われてきて、一時は95%以上のシェアを獲得したこともある
Internet Explorerが使えなくなるのは淋しさもありますが、これも時代です。
栄枯盛衰とはまさにこのことでしょう。

Internet Explorerに慣れていて、これからもしばらくは使い続ける人は
いつ使えなくなるかもわかりませんので、そこは覚悟しておきましょう。
ちなみにWindows11からはInternet Explorerがインストールすらされていませんので、
Internet Explorerを使い続ける場合は、Windows10以下のOSでないと無理です。